歌舞伎町DEEP ZONE

夜の蝶をアフターで確実にオトすために行くべき所

ルームサービスが充実しているので、ゆっくり過ごせる♪

W-BAGUS(ダブルバグース)

先日アフターで前から狙っていた女の子とついにベッドインしました。
割とアクションは仕掛けていて、それまでもアフターそのものは何度か楽しんだことがありました。
でも食べて飲んで終わってしまうケースが多く、なかなか最後の一線を越えることができずにいました。
そんな彼女とようやくベッドインすることができました。これは自分の努力というよりも、ホテルの力が大きいのかもしれません。

近未来を思わせるホテルだった

その日はアフターで焼き肉に行きました。
お肉とお酒を楽しんでからお店を出たのは深夜3時前。
こっちからすればまさに「あわよくば」を狙っていました。
でもこれまではそこから「じゃあ私はタクシーで帰るから」と解散。
自分もそこから一歩踏み込めず、始発までどうするのか聞かれても漫画喫茶やサウナでと答えてしまっていたんですけど、その日は焼き肉を食べた後にW-BAGUS(ダブルバグース)というホテルが目に入ってきたんです。
近未来を思わせるかのような光に誘われるかのように二人でホテルの近くまで行ったんです。
ホテルに入るでもなく、まじまじと外観を見ていたら相手から「どうする?」と聞いてきて。
これぞまさに「据え膳食わぬは…」ですよね。
という訳で近未来な光に誘われてホテルに入ることに成功しました。

部屋も清潔感があって綺麗でした

外観から少々高いラブホテルなのかなと思いましたがリーズナブルでした。
でも、部屋に関してはリーズナブルなホテルとは思えない清潔感がありました。
テンションが高かったこと、多少お酒が入っていたこともあって彼女もかなり乗り気。
もしかしたら誘われるのを待っていたんじゃないかなと思った程。

使えるホテルだなと実感しました

楽しい時間を経て、W-BAGUS(ダブルバグース)は使えるホテルだなと実感しています。
アフターや同伴そのものはそこまで高いハードルではないと思うんですよ。
ただ、そこから一線を越えてベッドインとなると相当ハードルが高くなります。
特にホテルへの誘い方ですね。相手も百戦錬磨なだけに、小細工は通用しません。
でも「W-BAGUS(ダブルバグース)」の場合、外観が面白いので「ホテルに向かって歩く」じゃなく「珍しい光を発している建物に近付く」が可能です。
近付いてしまえば後はこっちのものですし。

★アクセス★

〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町2丁目13−1
tell:03-3202-2525